Google Search Consoleが2019年3月から新しい仕様に変更になり、丸2年が経ちました。

2年前のバージョンとかなり操作性が変わっていたり、各機能の名称も変わっている部分があるので、改めて新しくなったSearch Consoleの使い方と、特に分かりにくくなっているURL検査、サイトの情報を伝えるために必要なサイトマップ送信のやり方も説明していこうと思います。

新しいGoogle Search Console

Search Console最初の画面
Google Search Consoleは、無料で使えるサイトの分析・データ収集のできるツールになります。

そのGoogle Search Consoleが2019.3月にアップデートされ、大幅な仕様変更がされました。

以前の仕様と比べるとかなり画面の見た目も変わりましたね!

左側にメニューが並んでいて、それぞれに色々な機能がありますので、使い方と各機能について説明していきます!

詳しいGoogle Search Consoleの使い方

では、それぞれの機能を説明していきます!

その前に、自分のサイトをSearch Consoleで使えるようにするための「プロパティの追加」方法をまずはお話します!

プロパティの追加・管理

Search Consoleはアカウントを作成しただけでは使えず、各サイトを追加しないといけません。

まず、Search Consoleにログインしてください。
プロパティの追加・管理

赤枠部分をクリックすると、追加されているプロパティの一覧が表示されます。

この小さい画面が以前のダッシュボードに表示されていたプロパティの一覧と同じになります。
プロパティの追加クリック

赤枠部分の[プロパティの追加]をクリックすると、「プロパティタイプの選択」という画面が表示されます。

以前はURL毎の追加しか出来ませんでしたが、新しい仕様は、「ドメイン」と「URLプレフィックス」の2通りから追加方法が選べます。

「ドメイン」で追加すると、サブドメインも含め、プロパティに追加されます。

「URLプレフィックス」で追加すると、入力したURLのみがプロパティに追加されます。

以前と同じ追加方法で追加を行いたい場合は、「URLプレフィックス」でプロパティの追加を行ってください。

URLを入力したら、[続行]をクリックします。

所有権の確認が行えるようにあらかじめ設定していれば、そのままプロパティが追加されますが、所有権の確認が行えなかった場合は次の画面が表示されます。

表示された方法のいずれかで、プロパティの確認を行う必要があります。

FTP情報を自身で管理している場合は、おすすめの確認方法の「HTMLファイル」が1番簡単に追加できます。

右側にある下マークをクリックするとHTMLファイルがダウンロード出来ますので、そのファイルを追加したURLのフォルダ直下に置けばプロパティの確認ができるようになります。

プロパティの追加が無事完了しましたら、各機能が使えるようになります。

まずはSEO対策時によく使用する機能、「URL検査」と「サイトマップの追加」について説明していきます!

URL検査のやり方

以前までの仕様だと、「URL検査」というクロールのリクエストが出来ましたが、新しい仕様だと、同じ項目が見当たりません。

実は、「URL検査」はこちらでできるようになっています!
URL検査

メニューの[URL検査]をクリックして、赤枠に対象のURLを入力します。
入力後クリックすると、URL検査画面に変わります。
インデックス登録をリクエスト

赤枠の[インデックス登録をリクエストする]をクリックすれば、以前の「fetch as google」と同じクロールのリクエストが行なえます。

サイトマップの追加

次に「サイトマップの追加」をご説明します。
sitemap.xmlの送信

メニューのサイトマップをクリックして、サイトマップ画面を表示します。

「新しいサイトマップの追加」にサイトマップのURLを入力して、送信をクリックします。

送信すると、「送信されたサイトマップ」に表示されます。

表示のステータスが「成功しました」になっていれば、サイトマップの送信は完了です。

失敗している場合は「取得できませんでした」というステータスが表示されるので、入力したURLが間違っていないか、サーバーにsitemap.xmlファイルが設置されているかを確認して、再度送信を行ってください。

「URL検査」と「サイトマップの追加」はSEO対策を行う際に必ずと言っていいほど利用する機能ですので、まずはこの2つのやり方をしっかりと覚えておきましょう!

では、他の機能も見ていきましょう!

サマリー

サマリーは、「検索パフォーマンス」、「カバレッジ」、「拡張」の各機能の状態を簡易的に確認できる機能になります。
サマリー

各機能の[レポートを開く]をクリックすると詳細画面に移動することが出来ますので、より詳しく状態を確認したい場合は、[レポートを開く]から確認してください。

検索パフォーマンス

こちらは、以前の仕様の、「検索アナリティクス」にあたる機能になります。
検索パフォーマンス

赤枠内の[新規]をクリックして表示する条件を設定することが出来ます。

例えば、条件に[ページ]と言う項目があるので、そこに記事のURLを設定するとそのURLのみの検索クエリを知ることが出来ます。

[新規]をクリックして、追加するメニューの中から、[ページ]をクリックします。

検索パフォーマンス条件

クリックするとURLを入力する画面が表示されますので、まずは[フィルタ]を選択してください。

その後[次のURLを含む]を選択し、検索クエリを確認したいURLを入力して、[適用]をクリックします。
検索パフォーマンスURLごと

こうすると、入力したURLの検索クエリのみを表示することができ、記事のメンテナンスを行う時に非常に役に立ちます。

検索クエリの表示回数が多いものをキーワードに設定して、対策をしていくことで、よりその記事へのアクセス数を増やすことも可能です。

ぜひ検索パフォーマンスを有効的に活用してくださいね!

まとめ

今回は、新しくなったGoogle Search Consoleについてお話しました。

以前の仕様から大きく変更されたので、慣れるまでは大変かもしれません。

しかし、以前の仕様にはなかった機能もいくつかありますので、上手に活用して、サイト運営に役立てていってくださいね!

関連記事