リスティング広告でキーワードのマッチタイプを設定する際に「それぞれどう違うの?」と疑問を持たれた方も多いのではないでしょうか。
私自身も、初めてリスティング広告の運用に携わった際に、上記のように疑問に感じました。

そこで、今回は、リスティング広告のキーワード設定場面で出てくる「マッチタイプ」について紹介をしたいと思います。

本記事を読めば、各マップタイプの大まかな概要や違いについて理解することができるようになります。
是非、参考にしてみてください。

リスティング広告について知りたい方は、こちらの記事を先にお読みくださいね。

マッチタイプとは?

マッチタイプとは、設定したキーワードに対し、広告の配信範囲を決める設定のことです。
マッチタイプの範囲

リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに合わせて広告が配信されますが、マッチタイプを設定することで、下記のような広告の配信範囲を決めることが出来るようになります。

  • ユーザーが検索するキーワードに対してピンポイントで狙って広告を配信する
  • 似ているキーワードでも配信されるようにする

マッチタイプの種類は4つ

リスティング広告で設定できるマッチタイプの種類は下記の4つです。

  • 完全一致
  • フレーズ一致
  • 絞り込み部分一致
  • 部分一致

一つひとつ見ていきましょう。

4つのマッチタイプの種類、それぞれの違いとは?

完全一致

完全一致は、 ユーザーが検索したキーワードと、設定キーワードが一致した場合に広告が表示 されるマッチタイプです。

完全一致 例えば上記のように[宮崎地鶏 通販]とキーワードを設定した場合には、エンドユーザーが同じように[宮崎地鶏 通販]と検索した場合に広告が表示されます。
設定したキーワード以外では、基本的には広告は表示されません。

ただし、下記のようなシーンでは広告は表示されます。

  • 検索語句の順番が入れ替わる (例:通販 宮崎地鶏 など)
  • 表記揺れ (例:みやざき地鶏 通販 、みやざきじどり 通販 など)

完全一致は、設定したキーワードで配信ができる為、狙ったユーザーに対してアプローチができます。

一方で、広告の配信量は少なくなるため、予測できないキーワードで検索があった場合に、配信がされないことがデメリットです。
その為、特に運用を開始した初期段階では、他のマッチタイプと並行して設定するのがオススメです。

フレーズ一致

フレーズ一致とは、 設定したキーワードとユーザーが検索したキーワードの語句・語順のフレーズが含まれる場合に表示 されるマッチタイプです。

例えば、設定キーワードが[宮崎地鶏 通販]の場合は、[宮崎地鶏 通販]のフレーズがワンセットになっていないと表示がされないといったイメージです。
フレーズが入っていれば、前後に別のキーワードが含まれていても広告は表示されます。

フレーズ一致
また、フレーズ一致は完全一致同様、表記揺れがあっても広告は表示されます。 しかし、下記のような場合は広告は表示がされません。

  • 語順が逆の場合 (例:通販 宮崎地鶏 おすすめ など)
  • 語句の間に別のキーワードが含まれる場合 (例:宮崎地鶏 人気 通販 など)

基本的には、後述する部分一致や絞り込み部分一致を使用するケースが多い為、フレーズ一致の出番はあまりありません。
どちらかというと、無駄なクリックを防ぐための除外キーワードの設定の時に役立ちします。

絞り込み部分一致

絞り込み部分一致は、 設定キーワードに設定したキーワードが含まれると広告が表示 されるマッチタイプです。

フレーズ一致と違う点は、下記のように語順が入れ替わったり、語句の間に別の言葉が入っていても、広告が配信されます。

絞り込み部分一致

完全一致、フレーズ一致と同様に、表記揺れも表示されます。 コンバージョンが期待できるような主要キーワードは、絞り込み部分一致で設定すると良いでしょう。

部分一致

部分一致とは、 ユーザーが検索したキーワードと関連性のあるキーワードや類義語を設定していた場合に、広告が表示される マッチタイプです。

関連・類義語などでも広告が表示されるので、4つのマッチタイプの中でも一番幅広くユーザーにアプローチできます。
絞り込み部分一致同様に、表記揺れや語順の入れ替わり、キーワードの前後・中間に別キーワードが含まれていても表示されます。

部分一致

例えば上記のように[宮崎地鶏 通販]と設定した場合は、設定キーワードが含まれるのはもちろん、[宮崎地鶏 取り寄せ][冷凍 焼き鳥 通販]などの類義語や関連キーワードでも広告が表示されます。

広告の運用では、キーワードを設定する際に、ユーザーが検索するキーワードを全てをピックアップするのは困難です。その為、まずはユーザーがどのようなキーワードで検索をするのかを把握する為にも、部分一致のマッチタイプは使用されることが一般的です。

実際の広告管理画面でのマッチタイプの設定と確認方法

実際の広告画面では、下記のように設定・表示がされます。

Yahoo!の場合

キーワード設定方法

キーワードを入力をして、枠の右下のプルダウンからマッチタイプを選択します。
しかし、 選択できるのは[完全一致][フレーズ一致][部分一致]のみ です。

Yahoo!のリスティング広告_キーワード設定

絞り込み部分一致は、部分一致の拡張機能です。
その為、絞り込み部分一致を設定するには、下記のように キーワードに+を付けてマッチタイプは[部分一致]を選択 します。

Yahoo!_絞り込み部分一致

管理画面上での見え方

Yahoo!リスティン広告画面

Yahoo!の場合は、キーワードの横の項目、マッチタイプ(赤枠箇所)で確認することができます。
青枠箇所は、絞り込み部分一致の場合です。

Googleの場合

キーワード設定方法

Googleの場合は 部分一致以外はキーワードに記号を付けて設定する必要 があります。

検索キーワード_徘徊_Google_広告

  • 完全一致はキーワードを[]で囲む
  • フレーズ一致は””で囲む
  • 絞り込み部分一致は、Yahoo!同様に部分一致の拡張機能の為、キーワードの前に半角の+を付ける

特に何も記号を含めない場合は、部分一致の設定となります。

管理画面上での見え方

Google広告画面

Yahoo!同様に、マッチタイプの項目(赤枠箇所)で確認できます。
絞り込み部分一致も、Yahoo!同様に部分一致の拡張機能です。
その為、キーワードに+が入っていれば絞り込み部分一致となります。(青枠箇所)

まとめ

いかがでしょうか。今回は、各マッチタイプの説明をさせていただきました。

特にGoogle広告の記号は、最初の頃は慣れないかもしれないですが、運用を続けていく中で、慣れていきますので焦らず覚えていきましょう。

是非、これからリスティング広告の運用を始められる方は、参考にしてみてくださいね。

関連記事