サイトを運営する上で、分析ツールは欠かせない存在となっています。
というのも、サイトはユーザーの反応に合わせて改善する必要があるからです。
サイトの解析を行うには、Google Search Console や Google Analytics が定番ですが、今回はヒートマップについて解説していきます。

ヒートマップとは

Webページに訪れたユーザーのマウスやクリックの動きをもとに、クリックされた場所や注目を集めた部分を色彩で可視化したものです。
収集したデータを色や濃淡で視覚的に表しており、これによってユーザーの行動傾向を直感的に把握することができます。

ヒートマップの仕組み

トラッキングしたデータをWebページ上に色付けて表示しています。
画面は青色→黄色→赤色の変化に従って、割合や数値が大きくなります。

Web改善に使われるヒートマップは主に以下の3つです。

スクロールヒートマップ

スクロールヒートマップ
スクロールを測ることで、実際のページと照らし合わせながら離脱率を知ることができます。
どの段階でユーザー離れたのか分析することで、離脱の原因と改善策を考えることができます。
例えばページの途中で離脱が発生したときに、考えられるパターンは1つではありません。

  • 欲しい情報が手に入ったから満足して離れた
  • 欲しい情報はここにないと見限って離れた

このように結果は一緒でも、行動に至ったユーザーの心理を考えることがWebサイト改善への一歩に繋がります。

クリックヒートマップ

クリックヒートマップ
クリックされた場所が、その割合に応じて色が反映されます。
通常はリンクやバナー画像がクリックを集めている場合が多いですが、意外とそうではない部分でクリックが発生していることもあります。
例えば、それが本文中であれば詳しく知りたい情報かもしれませんし、画像や図であれば拡大して見ようとしていたのかもしれません。
このようにクリックの傾向を掴み、分析することでユーザーの興味関心を推測することが可能です。

アテンションヒートマップ

アテンションヒートマップ
ユーザーがよく読んでいる場所と、そうでない場所がグラデーションで表示されます。
このアテンションヒートマップも、ただ熟読率が高いことが必ずしも良いことばかりとは限りません。
例えば熟読率が高いにも関わらず、離脱率も高い場合。ユーザーにとって分かりづらいページであることから、このように行動が二極化している可能性があります。
また熟読エリアの付近に関連のコンテンツや、広告などの配置を見直すことでクリック率が上がる可能性があります。

このように直感的にデータが分かるツールであっても、実際のユーザー心理を考えるためには、その他のデータと仮設を組み合わせて複合的に考える必要があります。

ヒートマップとGoogle Analyticsの使い分けと活用

熟読率とページ滞在時間

Google Analytiscでは、それぞれのページの平均滞在時間を確認することができます。
アテンションヒートマップと合わせることで、その滞在時間の中でユーザーはページ内のどこを注視しているのかを考えることができます。

スクロール到達率と直帰率・離脱率

スクロールヒートマップでは、ページの到達率を把握できます。
Google Analyticsの直帰率と離脱率では、ユーザーはページ内のあたりまで閲覧したのかまでを測ることはできません。
そこで、ヒートマップとAnalyticsを合わせて確認することで、どの段階で離脱し、その後は別ページを回遊したのか、サイト自体から離脱したのか。
そのようなユーザーの行動の傾向を、一連の流れで掴むことができます。

クリック率とイベントトラッキング

ランディングページやバナーリンクの成果を計測する場合などは、クリック率が一つの指標になります。
Google Analyticsでもクリック率を計測できますが、イベントトラッキングを使用しトラッキングコードを挿入する必要があります。
しかし、クリックヒートマップを使用すれば、個別にイベントトラッキングを設定しなくても、画面上のすべてのクリックを計測することができます。
イベントトラッキングを設置するほどではない部分のクリック率も把握することによって、新たな課題や改善策が生まれる可能性もあります。
その上で、クリックを狙ったリンクから具体的な成果につながったのかは、Analytiscの目標設定と合わせて計測するのがベターです。

メリットとデメリット

メリット:ユーザーの行動を直感的に捉えることができる

熟読率や離脱率、クリックポイントが直感的にわかるヒートマップでは、ユーザーの行動傾向を辿ることで、ユーザビリティへの配慮を考えるきっかけになります。

ユーザビリティとは

有効さ : ユーザが指定された目標を達成する上での正確さ、完全性。
効率 : ユーザが目標を達成する際に、正確さと完全性に費やした資源。
満足度 : 製品を使用する際の、不快感のなさ、および肯定的な態度。
利用状況 : ユーザ、仕事、装置(ハードウェア、ソフトウェア及び資材)、並びに製品が使用される物理的及び社会的環境。

1998年のISO 9241-11での定義。

Webサイトにおいても、このようにユーザーの利便性を向上させることがコンバージョン達成につながります。
ナビゲーションの表示や配置、導線は適切であるか?
公開したページは自己満足になっていないか?
有効性があるか?読まれているのか?どのように回遊されているか?

運用する立場だと気づかなかったWebページの課題を、ヒートマップを利用することでユーザーの視点で捉えなおすことができます。

メリット:分かりやすい資料として社内共有できる

社内向けの資料としても、視覚的にユーザーの行動を示すヒートマップツールは活用できます。
数値のデータを表やグラフで成形しなくても、誰もがわかりやすい資料としてそのまま使えるからです。こうした社内のコミュニケーションツールとしても、情報共有をスムーズにし、Webサイトの運用効果を体感的に示すことができます。

デメリット:サイト全体を網羅するデータ取得が難しい

ユーザーの行動傾向を把握するには、ページごとにヒートマップを確認しなければいけません。
そうなるとページ数が多いサイト(ブログやECサイト等)をすべてヒートマップを確認するのは物理的に難しいです。
したがって、トップページやページビュー数が多いページ、もしくは具体的に改善したいページなど、しっかりと目的を持ってヒートマップを見る必要があります。

デメリット:データの活用と使い分けが難しい

Webサイトの共通部分(ヘッター、フッター、ナビゲーション、サイドバー等)の全体や平均的なデータを正確に求めたい場合は、ヒートマップ以外のアクセス解析も併用するのがポイントです。
それらのデータの使い分けに慣れるまで、活用方法が難しいのがヒートマップの一番のデメリットかもしれません。

ヒートマップツールの紹介

ヒートマップツールやプランによっては、利用可能なヒートマップ数に限りがある場合や、データの保存期間に違いがあります。
まずは無料の範囲で試してみて、導入を検討してみるといいでしょう。

Ptengine

Ptengine
こちらは無料プランもありますが、ヒートマップの利用が1つまでの制限があるため、活用するには有料プランも検討するとよいでしょう。
Ptengineの特徴は、多くの企業で導入実績があり、有料プランではヒートマップ以外のデータ分析の機能も充実しています。今回記事で使用している画像は、Ptengineの利用画面です。

MIERUCA HEAT MAP

ミエルカヒートマップ
こちらも無料トライアルやプランがあります。しかし無料範囲でのヒートマップの利用は1つまでとなっています。
MIERUCA HEAR MAPの特徴は、動画でのマニュアルが用意されており、ツールを活用するためのアドバイスやサポートを利用することができます。

User Insight

ユーザーインサイト
User Insightは有料で導入する必要がありますが、その分ヒートマップ以外にも細かく色々な分析ができる本格的なツールです。
こちらも多くの企業で導入実績があるので、分析ツールをしっかり活用していきたい方におすすめです。

まとめ

ヒートマップを活用するには視覚的なデータを、複合的に多角的に見る視点が求められます。
ヒートマップは、ユーザーインサイトと呼ばれるユーザーの深層心理を把握するために活用できます。
普段から数値化されたデータの解析ばかりをしていると、どうしてもユーザーの実体がぼやけてしまうこともあると思います。
そんな時に、今回のヒートマップのような体感的なデータを導入すると、よりユーザーに寄り添ったWebサイトの運用に役立つでしょう。

関連記事