Webサイトを運営している時に、どのようなユーザーがどのような検索キーワードで、自サイトに訪問しているかの疑問にお持ちの方が多いかと思います。
そこで、今回は、Google アナリティクスで検索キーワードを確認する方法や分析するポイントについて紹介していきたいと思います。

そもそも検索キーワードを調べる理由って何?

検索キーワードを調べる理由としては、下記のユーザーのニーズを確認することができるからです。

  • ユーザーは何が欲しいのか
  • ユーザーは何を知りたいか
  • ユーザーには、どのような悩みがあるのか

このように、ユーザーのニーズを把握することで、「どのユーザー層をターゲットにするか?」「ユーザーにどのコンテンツを見てほしいのか?」などサイト改善の参考になります。

サイト訪問者の検索キーワードを調べる方法

サイト訪問者の検索キーワードを調べる方法

Google アナリティクス内の左メニューから、[集客][キャンペーン][オーガニック検索キーワード]をクリックします。

サイト訪問者の検索キーワードを調べる方法

すると、上記画像の赤枠のように、各ページの検索キーワードを確認することができます。

Google アナリティクスの「not provided」「not set」とは

Google アナリティクスの「not provided」「not set」とは

ここまで検索キーワードの確認方法を紹介してきましたが、上記画像のように「not provided」「not set」という表示が出る場合があります。
この2つは、ユーザーの検索キーワードがデータとして取得できない時に表示されます。

「not provided」

「not provided」は、ユーザーが自サイトに訪問した時の検索キーワードのデータが提供されなかった場合に表示されます。
検索キーワードが提供されない原因は、Googleがユーザーのプライバシー保護を重視し、SSLでセキュリティを強化しているからです。

その為、保護対象となっているWebサイトの検索データは「not provided」と表示されます。

また、SSLのセキュリティ以外でも、システムや通信エラーによって検索キーワードのデータを取得できない場合があります。

引用元:「Google アナリティクスでウェブトラフィックの安全性を確保する方法|アナリティクスヘルプ」

※SSLとは、インターネット上の通信を暗号化する技術のことを言います。
SSlについて詳しく知りたい方は、下記の記事がおすすめです。
ぜひ、ご参考ください。

「not set」

not setとは、Googleアナリティクス上でデータを取得できなかった時に表示される値のことを指します。

これは、「参照元が検索エンジンの検索結果ページ以外の訪問」「リダイレクト等で参照元の情報を取得できなかった訪問」のようにキーワード情報を持たないセッションが該当します。

引用元:「キャンペーン変数使用時に キーワードレポートに表示される(not set)について|Google Analytics Solutions」

つまり、「not set」は「not provided」と違い、もともと検索キーワードの情報がないことが特徴になります。

※セッションとは、ユーザーがそのサイトを閲覧しサイト内を回遊し、離脱するまでのことを言います。

検索キーワードがわからない時は、Search Consoleを導入しましょう!

Search Consoleの検索パフォーマンスという機能で、「not provided」のキーワードが何かを確認できます。
もしも、Search Consoleを導入していない方がいれば、下記の記事を参考に登録をおすすめします。

Search Consoleから検索キーワードを確認する方法

検索キーワードがわからない時は、Search Consoleを導入しましょう!

Search Consoleの左メニューから[サマリー][検索パフォーマンス]をクリックします。

検索キーワードがわからない時は、Search Consoleを導入しましょう!

すると、赤枠のように、「not provided」で表示されなかった検索キーワードを確認することができます。

検索キーワードを分析するポイント

設定したキーワードとユーザーの検索キーワードにギャップはないか分析

設定したキーワードとユーザーの検索キーワードにギャップはないか分析

上記のように、直帰率が高いページの検索キーワードを確認してみましょう。
ページの直帰率が高い場合、ユーザーの検索ニーズとページのコンテンツ内容にギャップがある可能性があります。
まずは、検索キーワードからユーザーの求めるコンテンツが流入ページに掲載されているかを分析しましょう。

もしも、ユーザーが求めるコンテンツが掲載されていないのであれば、適宜修正する必要があります。
直帰率を下げるための対策について詳細に知りたい方は、以下の記事が参考になるかと思います。

セッションを獲得しているページの検索キーワードを分析

セッションを獲得しているページの検索キーワードを分析

Google アナリティクス上で検索キーワードを表示後、上記のようにセッション数を確認してみましょう。
その中から、セッション数が多いページの検索キーワードを把握することができます。

その検索キーワードを分析し、流入してくるユーザーのニーズに沿ったコンテンツをそのページ内に掲載すると良いかと思います。
ユーザーの流入数が多いページを修正することで、よりコンバージョンの向上に繋がりやすくなるからです。

※コンバージョンとは、訪問ユーザーがサイトの目標としているアクションを起こしてくれた状態のことを指します。

検索キーワードごとのコンバージョン率を分析

検索キーワードごとのコンバージョン率を分析

検索キーワードを表示したら、上記のようにコンバージョン率を見てみましょう。
そこから、どのような検索キーワードが、コンバージョンに繋がりやすいか確認することができます。
それを参考に、どのようなキーワードに力を入れてサイト内を修正したら良いのか、検討してみましょう。

もしも、Google アナリティクスのコンバージョン設定がお済みでない方は、下記の記事を参考に設定することをおすすめします。

まとめ

今回は、Google アナリティクスで検索キーワードを確認する方法や分析するポイントについてご紹介しました。
商品やサービスの売り上げを向上させるためには消費者ニーズの把握が必須であるように、Webサイトで反響を上げていくのも同じように、訪問ユーザーのニーズを知る必要があります。
検索キーワードを分析し、コンバージョンの獲得を目指したSEO対策、コンテンツの作成を行っていきましょう。

ただ、Google アナリティクスでは、「not set」や「not provided」のように検索キーワードを確認できる場合が少なくないため、検索キーワードが上手く取得出来ない場合はSearch Consoleも併用しつつキーワード分析を行っていくと良いでしょう。

関連記事