インターネットが発達し、個人が発信するツールや機会が増えて久しくなりました。
今や当たり前となっている個人の投稿や、何気なく設定しているプロフィールの画像などの引用ルールを知っていますか。
気をつけなければ知らないうちに著作権の侵害に該当する可能性があります。
そこで、今回はブログやSNSにおける画像の正しい引用・転載のルールについて説明していきます。

著作権とは

著作物とは「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範疇に属するもの」を言います。
このような著作物を保護し、適切な使用を促すために著作権は存在します。

著作権侵害で訴えられた場合は、損害賠償請求などを科せられる可能性があります。
また故意の場合には罰金、または懲役刑に発展することもある立派な犯罪です。
普段何気なく接している創作物は、このように守られているのです。

しかし、これらは表現されたものである必要があります。
そのため、表現される前のアイデアや事実の伝達は、著作物に含まれません。
著作権保護の対象については、以下のように区別されています。

保護対象のもの

  • 美術、音楽、文芸、学術に属する作品
  • 二次的著作物
  • 編集著作物やデータベースの著作物(新聞、雑誌、百科事典等)

保護対象外のもの

  • アイデアや理論
  • 事実の伝達やに過ぎない情報やデータ
  • ありふれた表現や短いフレーズ、題名など
  • 創作性が認められないもの
  • 実用品のデザイン ※意匠権や工業デザインの権利で保護される場合がある。

引用と転載の違い

『公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。』著作権法32条1項

よく無断転載禁止と注意書きされているのを目にしたことがあると思います。
著作物は正しく引用しないと無断転載となり、盗用とみなされる場合があります。

実際に許可なく転載が可能なものは以下のものです。

  • 行政の広報資料
  • 調査統計資料
  • 報告書など

しかしこれらの転載可能とされるものでも、無断転載を禁止する記載がある時は指示に従う必要があります。
 

画像を引用するポイント

写真画像の場合

写真の創作性の有無の判断は難しいです。
例えば、同じ場所で同じような構図で風景の写真を撮影した場合、そこに創作性を認めるかどうかの判断基準が厳密に存在する訳ではないからです。
とは言っても、基本的には著作物であると考えるのが望ましいでしょう。

肖像権の問題

また人物が写った画像を公開する場合には肖像権の問題も発生します。
写真を撮影する許可を得ていても、公開する許可は別に必要です。
例え親しい関係でも、トラブルを防ぐためにしっかり確認することが大事です。
一方で意図せず他人が写り込んでしまった場合も、個人が特定されないように編集するなどの配慮が必要です。

ちなみによくテレビ番組などで、意図せず写り込んだお店のロゴや商品がぼかされているのは商標権の問題があるからです。
これらも知的財産の一部なので、権利が存在します。
企業がSNSを運用する際は、このあたりも配慮できると完璧です。

イラスト画像の場合

イラストは写真とは違い、創作物であることは明確です。
しかし他人の著作物であるイラストを撮影した画像の場合はどうでしょうか。
その写真に独自の創作性がなければ複製に該当し、著作権は作者にあります。
しかしその写真がイラストを一部用いて工夫されたものであれば、二次的著作物であると認められます。
その場合は元の著作者の承諾の上で、自らの著作権を主張することができます。

安全に画像を利用するには

自ら撮影した写真やイラストを使用するのが難しい場合は、写真やイラスト素材サイトからダウンロードして使用するのもお手軽です。
しかしその場合も、料金や著作権・使用権など、フリーで使用できる範囲をしっかり確認しましょう。
例えば、個人利用は自由でも商業利用に制限がある場合、そのまま使用するのはOKでも加工や編集が禁止である場合など、素材サイトによって規約があります。
ルールを守って活用しましょう。

引用のルール

他人の著作物を引用する必然性があること

画像は分かりやすく人目を惹きやすいので、自分のブログやSNSでも使用する頻度は多いでしょう。
もちろん、その画像が自分の著作物であれば好きに利用できます。
しかし、それが他所からの引用となれば話が違います。
その画像が必要であると判断したときのみ、使用するのが賢明です。

自分の著作物と引用部分とが区別されていること

他の人の著作物である画像を紛らわしい形で発信すると、故意ではなくても多くの人に勘違いを与えるリスクがあります。
誰から見ても、引用部分と自分の著作物が分かるようにかぎ括弧をつけるなど配慮を心掛けましょう。

  • 引用符で囲う
  • 引用元のリンクを張る
  • 引用元のURLを明記する

最低限このような形式を守っていれば、引用として認識できます。

著作物との主従関係が明確であること

引用するときは、必ず引用する画像が自分の主張を補足、補強する形で使用しましょう。
あくまで自分が発信したい事柄がメインでなければ、引用として成立しません。
つまり正しく引用表記をしていても、引用画像だけを並べた独自性のないコンテンツを発信することはルール違反です。

出所の明示がなされていること

出所の明示は、引用部分になるべく近くに明記することが望ましいです。
たくさん引用が続いた場合など、末尾にまとめて出所を明示しても個別に区別しづらいからです。

またインターネット上で画像の引用をする場合には、通常は自分の手元に画像を保存して、アップロードします。
しかし掲載元のURLから直接読み込んで画像を表示する手法を、直リンクと言います。
こちらは厳密には著作権法の違反とはならないですが、相手のサーバーに不可をかける行為であり、マナー違反です。
これよって損害が発生すると、不正行為として責任を問われる可能性があるので、直リンクで画像を表示するのはやめましょう。

著作物の改変をしない

引用部分の改変は避けましょう。改変によって著作者の意図と違った情報を与えるリスクがあります。
画像を許可なく編集や加工をする行為は、著作権の侵害に当たる可能性があります。
引用する場合は、必ず著作物をそのまま掲載することを守りましょう。

グレーゾーンへの心構え

私的利用の範疇とは

著作物には、著作権と同時に、複製権があります。
複製権 個人的・家庭内使用などの「私的利用」を除き、他人が無断で複製することはできません。

つまり私的利用の範疇で楽しむ分には、画像を保存し、無断で複製や編集しても大丈夫です。
しかしブログ・SNS・社内などは、私的利用には含まれないので注意しましょう。
特にSNSのアカウントやブログは、少数の知り合いしか見ていないから気が緩む場合も多いです。
しかしインターネットである以上は、公共の場であると考えた方が無用なトラブルは避けられます。

キュレーションの役割

インターネットの発達によって情報が氾濫し、人々はより信頼できる情報を求めるようになりつつあります。
そんな中で自分がよいと思ったものを多くの人に向けて発信するという行為自体は、著作物が多くの人に認知されるきっかけにもなり、多くの人にメリットが生じます。

誰もが気軽に情報にアクセスできる時代だからこそ、発信する側や受信する側にもモラルやリテラシーが求められるようになりました。
悪質な無断転載を用いたアカウントやメディアを不当に広めることは、著作権やその他の権利違反に加担することになるかもしれません。

もちろん引用を用いたコンテンツが一概に悪い訳ではないので、著作者へ最大限のリスペクトとルールを守って、必ず自己責任の上で引用を活用しましょう。

関連記事