GoogleタグマネージャーにGoogleアナリティクスを設定する手順は大きく三つです。

  1. WebサイトにGoogleタグマネージャーのタグを設置する
  2. GoogleアナリティクスのトラッキングIDを取得する
  3. Googleタグマネージャー上にGoogleアナリティクスのトラッキングID情報を登録する

この三点を行うだけです。
一つひとつ手順を確認していきましょう!

【補足】Googleタグマネージャーとは?
Googleタグマネージャーは複数のタグを管理できるタグマネジメントツールです。
Webサイトを運営していくと、アクセス解析、広告、ヒートマップツールなど様々なタグを設定するシーンがあるかと思います。
しかし、一つ一つのタグをWebサイト上へ設置や削除をするなど、毎回手間が生じてしまいますよね。
そのような場合に、WebサイトにGoogleタグマネージャーのタグを設定するだけで、あとはタグマネージャーのツール上で、複数のタグの設定・削除などの管理が行えるようになります。

タグマネージャーのタグを設置する方法

1.[タグマネージャーにログイン]をクリック

Googleタグマネージャーを開き、右上のログインをクリックします。

タグマネージャーにログインをクリック

2.[アカウントを作成]をクリック

アカウントを作成をクリック

3.新しいアカウントの追加

新しいアカウントの追加

アカウントの設定

  •  [アカウント名] ・・・社名を入力
  •  [国] ・・・・・・・・日本を選択

コンテナの設定

  •  [コンテナ名] ・・・タグマネージャー上での管理上の名称 【例】サイトURLなど
  •  [ターゲットプラットフォーム] ・・・[ウェブ]を選択

上記全てを入力・選択をしたら[作成]をクリックします。

4.Googleタグマネージャー利用規約の同意

Googleタグマネージャー利用規約が表示されるので[はい]をクリックします。

Googleタグマネージャー利用規約に同意

5.GoogleタグマネージャーのタグをWebサイト上に設置

Googleタグマネージャーのタグが2つ表示されるので、Webサイト上にタグを設置します。
設置場所は、 headタグ内  bodyタグ内 にそれぞれ設置します。
そのままコピーペーストで問題ありませんが、貼り付け箇所はそれぞれ推奨位置があるので注意が必要です。

上段のタグ・・・headタグ内のなるべく上の方に設置
下段のタグ・・・bodyタグの直後に設置

タグマネージャーのタグ

これでGoogleタグマネージャーのタグの設置は完了です。

アナリティクスのトラッキングIDを取得する方法

1.アナリティクス上でトラッキングコードを取得

Googleアナリティクスにログインし、左下の[管理]をクリック。
管理画面が表示されるので、プロパティの[トラッキング情報]→[トラッキングコード]をクリックします。
ここに記載されている UX-XXXX-XXXX がトラッキングIDになるため、コピーをします。

トラッキングコードを取得
トラッキングコードの確認
アナリティクストラッキングコード

これでアナリティクスのトラッキングIDの取得が完了です。

アナリティクスのタグをタグマネージャーに設定する方法

1.トラッキングIDをタグマネージャーに設定

取得したトラッキングID情報をGoogleタグマネージャーへ設定をしていきます。
Googleタグマネージャーにログインし、[新しいタグを追加]をクリックします。

新しいタグを追加をクリック

2.[名前のないタグ]に任意の名前を入力

Google Analytics など分かりやすい名前を入力します。

[新しい名前]に任意の名前を入力

3.タグの設定を行う

[タグの設定]の枠をクリックをすると、タグタイプの選択が表示されます。
[Googleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクス]を選択します。

ユニバーサルアナリティクスをクリック

4.タグの設定画面

タグの設定画面が表示されるので、[Googleアナリティクス設定]の[設定変数を選択]を選択。
プルダウンで[新しい変数]が表示されるので、選択します。

新しい変数をクリック

5.変数の設定画面

変数の設定画面が表示されるので、[トラッキングID]の項目へGoogleアナリティクスで取得したトラッキングIDの[UX-XXXX-XXXX]を入力して保存します。

トラッキングIDを入力

6.変数名の変更

変数に対して任意の名前をつけます。
【例】Googleアナリティクス、UA-XXXX-XXXX(トラッキングID)など入力したら保存をクリックします。

変数名の変更をクリック

7.トリガーを選択

変数名を保存をした後は、タグの設定とトリガーの設定の画面に移動するので[トリガー]をクリックします。

トリガーの設定

トリガーの選択画面が表示されるので[AllPages]を選択します。

トリガーの選択

9.保存をクリック

トリガーの保存した後は、タグの設定とトリガーの設定の画面に戻るので、右上の保存をクリックします。
保存をクリック

10.ワークスペースで公開する

ワークスペースに戻り、右上の[公開]ボタンをクリックします。

公開をクリック

11.バージョンの入力

[バージョン名]と[バージョンの説明]に任意の内容を入力します。

管理をする上で、分かりやすい名称をつけるのがオススメです。

今回の場合だと「Googleアナリティクス設定」など、後で見返した時に「どのような設定をしたのか」が一目で判断しやすくなります。

詳細説明を入れておきたい場合は、バージョンの項目に入力ができます。特に記載する必要がなければ不要です。入力したら[公開]をクリックします。

変更の送信をクリック

以上で、GoogleタグマネージャーへのGoogleアナリティクスの設定が完了です。

最後にアナリティクスが設定されるか確認をしましょう

1.ワークスペースの右上[プレビュー]をクリック

プレビューで確認

2.別ウィンドウで対象URLを開いて確認

別ウィンドウで対象URLを開くと、画面下に[Tag Manager]が表示されます。

Summaryの文字の下の青文字[Tags Fired On This Page]の中に、[Googleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクス]が表示されていたら、問題なく設定が出来ています。

※[Tags Fired On This Page]に表示されている場合は、設定がうまくいっていないため設定内容を見直してみましょう。

プレビューで確認

以上が、GoogleタグマネージャーにGogleアナリティクスの設定方法の流れです。

手順はとっても簡単ですので、Googleタグマネージャーにアナリティクスを設定したい方、これから移行する方は、参考にしてみください!

関連記事