サイトやブログの成長期や記事がバズった直後、一時的にアクセスが激減した経験はありませんか?

これは、アクセスの集中によってサーバーが正常に機能しなくなったことが原因です。
「503エラーが出てサイトが見れない」「サーバーダウンでアクセスできない」「システム障害が起きている」などが、よくある例ですね。

せっかく大量のアクセスや集客が見込めるチャンスなのに、途中でアクセスが途切れてしまっては元も子もありません。ECサイトなら、売上に直結する死活問題です。

そこで今回は、アクセス集中、サーバーダウンに強いレンタルサーバーをご紹介します。
バズマーケティングや炎上対策に注力している人にもおすすめの内容です。

アクセス集中に強いサーバーとは

503エラーやサーバーダウンの原因の多くは、実はサーバーによるものです。
そのため、根本的な対策として、サーバー選び、乗り換えが必要です。
では、アクセス集中に強いサーバーとは、どんなものでしょうか。

結論から言うと、 専用サーバーやハイスペックなサーバー です。
サーバーの容量が大きく、一度に扱える転送量が大きなサーバーです。

ですが、ハイスペックな専用サーバーともなれば、非常に大きなコストがかかります。
そこで、 法人向けに提供されているレンタルサーバー を利用することをおすすめします。

レンタルサーバーではあるものの、法人向けに用意されているサーバーのため、アクセス集中や503エラーに強い仕様になっていることがほとんどです。

アクセス集中時に起きる503エラーの被害

503エラーとは?

503エラーとは
ところで、503エラーとは何でしょうか。
503エラーとは、サーバーとブラウザの間で起こるエラーのひとつです。
ブラウザ上に「503 Service Unavailable」「Service Temporarily Unavailable」などと表示され、ユーザーは一時的にサイトに訪問できなくなってしまいます。

日本語では「サービス利用不可」を意味し、具体的には「サーバーへの同時アクセス数の制限により、ユーザーの閲覧を制限している」状態を意味します。

503エラーによる機会損失

503エラーは、ユーザーの閲覧を制限している状態です。
そのため、様々な機会損失を引き起こしてしまいます。

ECサイトなど、セール時期に503エラーが出た場合、売上に大きな差が生まれます。
イベントや新製品の宣伝などを行った場合では、集客にならない上に宣伝費も水の泡となります。
ある記事がバズや炎上でアクセスが急増したにもかかわらず、他の記事のアクセスが減ってしまうこともあります。
共有サーバーの場合、他社サイトのバズや炎上によってサーバー全体に制限がかかると、その影響を受けてしまうこともあります。

503エラーの恐ろしい所は、その性質上、エラーに気づきにくいところにあります。
エラー発生時、サイトが読み込まれる前にサーバー制限がかかるため、アクセス解析に記録されません。

つまり、ブラウザー上でサイトを確認しない限りエラーも確認出来ないため、エラーが発生している可能性を疑ってサイトを確認しなければならないのです。

総じて、503エラーによる機会損失は、想像よりもずっと大きいことがほとんどです。

503エラーの原因・対処法は

503エラーの原因

503エラーの原因は瞬間的なアクセス集中にあります。
具体的には、バズや炎上の際のアクセス集中、TVの影響力などによる同時アクセスなどがあります。

アクセス集中が起こると、サーバーへ負荷を減らすため「同時アクセス数の制限」がかかります。
特に、共用のレンタルサーバーの場合、共有しているユーザーへの影響を最小限に抑えるために「同時アクセス数の制限」を設けているので注意が必要です。

また、サイトの読み込み速度が著しく遅い場合も注意が必要です。
読み込んでいる間は、サーバーへの負荷が続くことになるので、アクセスが少なくてもアクセス集中と同じ状態になります。

503エラーの対処法

503エラーの対処法は色々ありますが大きく2つあります。

1つ目は、サーバーの負担を減らすこと。
キャッシュ期間を長くしたり、ファイルの容量を減らして、データの読み込み速度を早くします。
2つ目は、性能の高いサーバーを利用することです。
上記のサーバーの負担をへらす施策をあれこれやるよりも、効率的で根本的な方法です。

理想としては、他社の影響を受けない「専用サーバー」を利用することです。
ただし、費用はかなりかかります。

そのため、できるだけスペックの高い共有サーバーやアクセス集中を想定した共有サーバーを使用している法人も多くいらっしゃいます。

そして、その中でもおすすめの共有サーバー、CPIサーバーのご紹介です。

おすすめのレンタルサーバー!CPIサーバーの特長

CPIサーバー
上記で、503エラーの対処法として性能の高いサーバーの利用を挙げましたが、おすすめのレンタルサーバーは、KDDIウェブコミュニケーションズのCPIサーバー(SV-Basic)です。
CPIサーバー SV-Basic

20年以上の運用実績を誇る、信頼性・安定性抜群のレンタルサーバーで、利用者の90%が法人です。
共用サーバーでありながら、安定性に優れ、法人向けでもあります。

KDDIと言えば、日本では知らない人がいない大手の通信会社です。
レンタルサーバーブランドとしても知られ、国際基準を満たした高水準のサーバーを提供しています。
そのため、官公庁や外資系企業、大手企業の実績も多数あります。

CPIサーバー(SV-Basic)概要

ネットワーク 大容量・高速回線 / 転送量は無制限 / アクセス集中に強い
容量 Web300GB / メール200GB(1ドメインごと)
標準機能 独自SSL / WAF / 自動バックアップ(30世代)など
WordPress 簡単インストール / 複数サイト運営が可能など
サポート メール・電話サポート(有料オプションで24時間365日対応)

大きなポイントとしては、以下が挙げられます。

  • Webとメールのサーバーが分離され、互いに影響を受けず快適
  • 電話サポートがあり、サーバー運用初心者でも導入前から安心のサポートが受けられる
  • ブランド力と実績が伴い、安全性、信頼性があり、クライアントワークにも利用しやすい

とても高性能な反面、共有サーバーとしては費用は少し高めです。
ですが、「性能面が高く評価され費用対効果に優れている」「コスパが良い」と評判です。

※503エラーの対処法として、性能の高い共有サーバー、CPIサーバー(SV-Basic)をご紹介していますが、更にリスクを回避したい方にはマネージド専用サーバーをおすすめします。
SV-Basicは503エラーが起きにくいとは言え、あらかじめ大きなアクセス集中が予測できるサイトやセキュリティ強化を図るには、マネージド専用サーバーが効果的です。
マネージド専用サーバー

転送量無制限

CPIサーバーの大きな特徴のひとつにあげられるのが、 転送量が無制限 という点です。
転送量を無制限にしている共有サーバーはあまりありません。
なぜなら、制限をつけないとサーバーに大きな負荷がかかり、503エラーやトラブルに繋がるからです。
裏を返せば、それだけアクセス集中に強く、安定した転送が行えるサーバーだと言えます。

ただし、100%エラーやトラブルを回避できるわけではないので注意が必要です。
ですが、平常時の快適さは想像に難くないはずです。

また、Webとメールのサーバーが分離されているので、サイト運営やメールマーケティングの併用など多種多様な運用が可能です。

※基本的には転送量の制限はありません。ただし、高負荷によりサーバー全体に影響が発生している場合は制限がかかることもあります。

24時間365日有人監視

CPIの運用体制は、サーバーの異変を素早く検知し、障害発生時に迅速な対応ができるよう24時間365日の有人監視を行っています。
さらに、データセンターでの監視もあり、二重でサーバーを管理しています。

月間のサーバー稼働率が100%未満の場合、返金基準に則り サーバー費用を返金する品質保証制度 もあるから驚きです。万が一の事態でも安心ですね。

また、セキュリティー対策も万全で、特に、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)、マルウェア診断の対策に重点がおかれているので、不正侵入検知やWEB改ざん検知などにも強くなっています。
セキュリティの高さ、抜群の安定性が伺えますね。

テストサーバーの標準搭載

テストサーバー(ステージング環境)が標準で搭載されているため、サイト制作やリニューアル、WordPressの仕様変更やテストも手軽に行なえます。
さらに、本番環境にワンクリックで公開できるので、アップロードミスや漏れ防止にも繋がります。

テストサーバーをわざわざ用意する手間もなくなるため、費用や作業コストも削減できます。
それになんと言っても非常に便利!
しかも、ドメインごとに作成されるので、マルチドメインで複数サイトを管理していても問題ありません。

テストサーバーは【SmartRelease】を利用します。
【SmartRelease】はテストサイト、公開サイト、バックアップサーバーを管理するシステムで【CPIサーバー SV-Basic】に付帯する標準サービスです。

バックアップの自動取得

こちらも【SmartRelease】に含まれる機能ですが、なんと Web領域は30世代、データベース領域は10世代まで自動バックアックアされます。  Web領域のバックアップはもちろんのこと、データベース領域のバックアップも取得してくれるので、安心したサイト運営が可能です。

このバックアップ機能は、よくあるサービスに見えますが、実は対応しているところは多くありません。
大抵の場合、バックアップ容量が少なかったり、1週間程度だったりします。
また、追加費用なども発生するので、自動でここまで対応でいるのは珍しいと言えます。

WordPressを使っていても快適

WordPressで気になることと言えば、やはり脆弱性ではないでしょうか?
特に大きな脆弱性が発見された時は、急いでバージョンアップを検討しなくてはなりません。
そんな時に便利なのが、上記のテスト環境バックアップ機能

ボタンひとつで簡単にもとに戻せるので、バージョンアップの対応やカスタマイズも気兼ねなく行なえます。
仮にWordPressが動かなくなった時や、真っ白になってしまった時でも、簡単に元に戻せます。

通常、バックアップはうまく出来たのか判断しにく、復元の際にもミスは起こります。
その点、自動で30世代のバックアップが行われ、復元もワンクリックで済むので、快適さは相当なものです。
この手軽やスピード感は他のサーバーではなかなかお目にかかれません。

もちろん、今となっては当たり前の機能になっているWordPress【簡単インストール】もあります。
また、【WP専用移行プラグイン for CPI】というプラグインもあり、移行もスムーズです。

充実のサポート

サーバーでのトラブルは、自己解決が難しい事や緊急性の高いことも多くあります。
しかし、サポートセンターに問い合わせても、無知のオペレータだったり、逆に専門用語ばかりの技術者で解決に至らないことも多々あります。
中には、老舗のサーバー会社にも関わらず、上から目線の対応、ユーザーへ責任転嫁する所もあります。

その点、KDDIウェブコミュニケーションズのCPIサーバーのサポートは、早くて丁寧で好感を持てます。
サーバー知識のある技術者の電話対応はもちろんのこと、問題解決が早く、仮に時間を要する時は進捗を報告してくれます。
また、有料のオプションになりますが、専用の電話番号・メールアドレスをもうけ、 24時間365日対応 してもらうことも可能です。

もちろん、オンラインマニュアルもしっかり完備され、わかりやすいので大抵のことはここで解決できます。
CPI サポートページ

サーバーの乗り換えやサイトリニューアルにオススメ!

上記のように、CPIサーバーには様々な特徴があります。
特に、大容量のサーバーかつ転送量無制限(一部制限あり)のため、503エラーやトラブルが起きにくく、アクセス集中が予想されるサイトや、SNSマーケティング、バズマーケティングなどに注力しているサイトにもおすすめです。

また、契約前から、専任スタッフがサポートをし、導入や運用の相談に乗ってくれます。
そのため、サーバーの乗り換えやサイトリニューアルの際にも、安心して検討することが出来ます。
サーバー移転に関するサービスも充実していて、状況に応じた対応がスムーズなのも良いところです。
サーバー移転のご案内

法人向けレンタルサーバーとして人気ですが、収益化が進んでいるブロガーやアフィリエイター、また法人化を考えている個人の方でも使いやすい仕様です。
公式にサーバーの活用例が掲載されているので、参考にしてみても面白いですよ。
CPIお客さま導入事例

CPIサーバーと他の法人向けレンタルサーバーの比較

ここまでCPIサーバーをおすすめしてきましたが、CPIサーバーと同等の料金帯、プランを扱う法人向けレンタルサーバーの大手3社を比較してみました。
参考にご覧ください。

法人向けサーバー比較早見表

CPIサーバー
(SV-Basic)
エックスサーバー
(B10プラン)
カゴヤ
(S22プラン)
初期費用 0円 16,500円 3,300円
月額料金(12ヶ月契約の場合) 4,180円 4,180円 1,760円
最低利用期間 3か月 3か月 1か月
ストレージ 500GB
(Web300GB/メール200GB)
300GB 200GB
データベース(MySQL) 5 無制限 容量10GBまで
転送量目安 無制限 無制限 160GB/日
自動バックアップ 30世代 過去7日分 1世代(10GBまで)

※料金は税込表示(2021年3月時点)

CPIサーバー(SV-Basic)

CPIサーバーロゴ
これまで紹介したように、CPIサーバーの大きな特長は、大容量のストレージと転送量無制限にあります。
また、自動バックアップが30世代までと他社を圧倒しています。
さらに、セキュリティの高さ、サポートの充実さも相まって、使いやすいサーバーです。
初期費用がかからないのも魅力のひとつです。
(注:基本的には転送量の制限はありません。ただし、高負荷によりサーバー全体に影響が発生している場合は制限がかかることもあります)

エックスサーバービジネス(エックスサーバー B10プラン)

エックスサーバービジネスロゴ
比較的新し目のレンタルサーバー会社ですが、下位プランでは、アフィリエイターやブロガーに人気があり知名度もあります。

CPIサーバー(SV-Basic)と同じ料金帯のプランでは、安定性・高速さに大きな差はありませんが、初期費用は高くなっています。
特長として、データベースは無制限ではあるものの、自動バックアップは少なめで、マルチドメインに対応していることから、小規模なサイトを多く運用するユーザーも多く見受けられます。

また、CMSのインストールやメールアドレスの作成、独自ドメイン設定などの初期設定の代行も行っているため、サーバー初心者にもおすすめです。

カゴヤ(S22プラン)

カゴヤロゴ
安定感やセキュリティは見劣りはしないものの、ストレージやデータベースを少なく抑えているため、安いプランが用意されています。
そのため、コストを掛けず短期間で運用するのに向いています。
大規模なサイト運用を考えた場合は「マネージド専用サーバー」の利用が推奨されるため、費用感は大きく上がります。
中間のプランがなく、また、管理画面はわかりにくい印象がある反面、サポート面はしっかりしていて、評価は高い印象です。

CPIサーバーの管理画面はシンプル

CPIサーバー管理画面
私自身、CPIサーバーを使ってみて感じたことのひとつに、管理画面のシンプルさがあります。
アイコンなどがなく、テキストベースのシンプルなもので余計な機能のないスッキリした管理画面です。
そのため、見やすくデザインされているので、非常に使いやすく、分かりやすいのが特長です。

他のサーバーと比べシンプルなので、人によっては物足りなさを感じるかもしれません。

CPIサーバーならサーバーの移行もラクラク

サーバー移行にはトラブルがつきものです。
自社での移行が難しい場合には、別契約になりますが、各種データ移行をまるごと代行してもらう事もできます。
サーバー移転のご案内

新規だけでなく既にご利用中のCPIサーバーも移行先に出来ます。
Webサイトの移行、メールデータの移行、Windows Serverの移行等が行なえます。
CPIサーバーを使ってみたい、移行してみたいという人は、お試しください。

10日間の無料お試し

サーバーでお悩みの方や、乗り換えやサイトリニューアルの際には、10日間のお試しもあります。
10日間の無料お試しはこちら

まとめ

アクセス集中時に起きる503エラーの被害はとても大きなものです。
そして、その503エラーの対策には、スペックの高いサーバーに乗りかることが根本的な対策になります。
そこで私がおすすめするのは、KDDIウェブコミュニケーションズのCPIサーバー(SV-Basic)です。

転送量無制限、24時間365日有人監視、テストサーバーの標準搭載、バックアップの自動取得など、他社と比べ、便利なサービス、サポートが豊富です。

特に、問い合わせの際のわかりやすさ、速さの満足度が高いように感じています。

アクセス集中に強いサーバーや法人向けにおすすめのサーバーをお探しの際は、是非参考にしてみてください。


関連記事