企業のウェブサイトは、コーポレートサイトとサービスサイト、リクルートサイトなどに分類できます。
それぞれの違いをしっかり把握していないと、運用方針がブレたり、ユーザーにとって使いづらいサイトとなる可能性があります。
また、SEO対策やブランディングという観点からも、適切な戦略を立てるための基本的な考え方をご紹介します。

コーポレートサイトとサービスサイトの違い

コーポレートサイトの目的

コーポレートサイトの目的は、企業に関する基本的な情報を顧客や見込み顧客、消費者や株主などのステイクホルダーに対して、関係性の構築やブランディングなどを行うのが主な目的です。
そのため、各種のターゲットからの信頼を得ることが最も重要です。
したがって必要となるコンテンツは以下のようになります。

コンテンツ例

  • 企業理念
  • 会社情報
  • IR情報
  • 採用情報
  • パートナー募集
  • お問い合わせフォーム
  • 製品、サービス紹介

またコーポレートサイトは企業の顔となるため、運用を管轄する部署も総務部や広報が担うことが多いです。

サービスサイトの目的

その一方で、サービスサイトでは商品やサービスの情報を提供することが目的となります。
そのためには、顧客や見込み顧客に向けて情報を適切に届けるコンテンツを意識して設計や運用をしましょう。

コンテンツ例

  • 製品情報
  • 価格表
  • 導入事例
  • お役立ちコンテンツ(ブログ)

サービスサイトでは、主にマーケティング部門が運用するのが一般的ですが、見込み顧客獲得のために営業チームが関与する場合も見られます。

自社ウェブサイトに必要な視点

コーポレートサイトやサービスサイトの違いを整理しましたが、どちらも企業としての看板を背負っている以上、どちらにも共通して大事な視点があります。
自社のウェブサイトは、企業情報や自社製品・サービスについて、最も詳しく信頼できる情報でなければなりません。
ウェブサイトの特徴を最大限に利用し、果たすべき役割としては以下の3つになります。

  • 企業ブランディング
  • 自社商品の購入意欲のある消費者へのより詳しい商品説明
  • 株主・投資家への豊富かつ詳細なセグメント情報の積極的開示

また、このようにサービスサイトやコーポレートサイト、求人サイトなど複数サイトを持っている場合には、回遊のしやすさを意識することもユーザビリティを高めることに繋がります。

ウェブサイトの充実化

ウェブサイトの充実させるために必要な4つのステップがあります。
ウェブサイトの充実化
まずは調査と分析です。
経営ビジョンを明確にし、ブランディング戦略を考えましょう。
それと同時にアクセス解析などを行い、顧客を深く知り、クライアントのニーズに合わせた表現を選択します。
ここでも競合する他社や、優良な他業界を参考にすることで、客観的に自社のウェブサイトを振り返ることができ、表現の幅も広がるかもしれません。

そして先ほど挙げた3つの視点、ウェブサイトとして果たす役割が正しく機能しているかも重要です。
また、プレスリリースや商品詳細も、情報の差別化+表現力で競合よりも適切で伝わりやすいコンテンツ作成が求められています。

ウェブサイトに必要な具体的な対策

ウェブサイトでこの3つを伝えるために実施するべきことは、以下のポイントになります。

適切なSEO、SEM対策

ユーザーがある商品やサービスについて知りたいときに、安易にウェブサイトにたどり着けるように導線を設計しなければいけません。
そのために必要な対策が、SEO(サーチエンジン最適化)やSEM(サーチエンジンマーケティング)です。

独自情報の掲載

自社でしか発信できないような独自情報を掲載しましょう。

  • 詳しい開発経緯
  • 人にからむこと(社員紹介など)、苦労話、美談、エピソード
  • 商品のリアルな映像
  • 使用した人の感想・率直な評判等

このような情報は現場や社員からしか出てこない独自のコンテンツになります。

ブックマークやSNSへのシェアを促す

ウェブサイトを通して企業や商品・サービスを認知してもらいたいのであれば、新たな投稿やキャンペーンページなど、ジェアしてもらう必要があります。
サイト上にシェアボタンを設置することや、シェアを促すようなキャンペーンを打ったり、あるいはSNSと併用してバズマーケティングを行う際にも重要な観点となります。

商品やサービスの感想、評判への投稿を促す

お客様の生の声を集めることは自社のビジネスにとって有益な情報となります。
特に対面では得られないようなクレームや改善点を歓迎するため、お客様のご意見を投稿しやすく整えましょう。

コーポレートサイトのあるべき姿とは

ニュースリリースの書き方

企業のあり方はウェブサイトに表れます。
ニュースリリースの内容を振り返ると、以下の内容に分類できます。

  • 経営戦略
  • 新技術、技術開発
  • 新商品、サービス
  • 使不祥事、クレーム
  • お知らせ
  • IR(上場企業の場合)

リリース数はあっても、これらの分類をしてみるとインパクトのない「お知らせ」が大半を占めていることが大半です。
他社に先駆けた次の手を打つためには、自社とライバル他社のリリース情報を一度整理して、分析してみることをおすすめします。
ウェブサイトで過去のリリースを含めて閲覧できるようになったため、一般の人でも理解しやすい内容、また関連情報の探しやすさなどを求められるようになりました。
リリース情報もウェブサイトに訪れるユーザーを意識して作成することで、他社と差別化することは充分可能です。

コロナ禍や災害時に求められる迅速な対応

今回のようなコロナや災害などの非常事態の時には、特に迅速な情報提供が求められます。
営業時間の変更やサポート体制の変更など、平常時とは異なる対応をする場合も多いからです。
そういった緊急時の情報発信と、分かりやすく伝える努力は日頃から意識して取り組むとよいでしょう。

ウェブアクセシビリティの向上、確保

ウェブサイトは、異なるデバイスや様々な環境下においても使いやすい工夫と、高齢者や障がい者など誰にでも利用しやすいよう整えなければなりません。
海外では法律上でウェブアクセシビリティが義務化されている国もあります。
こういった細かな心遣いも企業ブランディングにも繋がるため、積極的に情報アクセシビリティを確保し、向上を目指しましょう。

他社サイト紹介

キリンホールディングス株式会社

キリンの国内製品サイト

https://www.kirin.co.jp/

こちらは、コーポレートサイトではないですが、飲料メーカーのキリンの国内飲料商品のサイトです。
豊富な商品ラインナップをまとめつつ、キャンペーン情報や充実したエンタメ・レシピコンテンツでユーザーを飽きさせない企業努力が詰まっています。
またCSV活動では、飲酒ガイドやアルコールのリスクや付き合い方について啓蒙するコンテンツもあり、アルコールを扱う飲料メーカーとして誠実な姿勢が伝わるサイトです。

オリンパス株式会社

オリンパスグループ企業情報サイト

https://www.olympus.co.jp/

こちらはオリンパスのコーポレートサイトです。
医療やライフサイエンスなどを事業に持つ会社らしい、シンプルでクリーンなビジュアル表現が引き立っています。
ファーストビューで目立つ「新型コロナウイルスへの当社の対応について」のリンク先では、多くの情報更新を行っており、迅速かつ適切な対応が伝わり好印象です。
また、投資家情報やCSR、採用に関しても豊富な情報がシンプルまとまっていています。

まとめ

コーポレートサイトもサービスサイトも、第一に考えるべきは多くの人にとって使いやすく、信頼できる有益なウェブサイトであるかという点です。
特にコーポレートサイトでは、企業の姿勢をアピールする場であると同時に、顧客や取引先など様々な関係者から評価される場にもなります。
そのため、コーポレートサイトを始めとしたウェブサイトでは、安心と誠意を伝える情報発信が前提にあった上で、自社の魅力やユーザーのニーズを敏感に捉えて改善を続ける運用を目指しましょう。

関連記事