僕はクライアントワークの傍ら、自社サイトのウェブ担当としても活動しています。
新規にウェブサイトを立ち上げる際には自分が携わることが多いのですが、SEOエンジニアの自分が携わる以上、やはりSEOに強いサイトにしようと考えています。
SEOというと、もしかしたら既に制作済みのサイトに対して後付で対応していくイメージが強いかもしれませんが、僕は制作段階からSEOを意識して設計するべきと常々考えています。

制作が終わってからキーワードに応じた追加コンテンツを用意したり、サイト構成を変更していくよりも、その方が圧倒的に効率的だからです。

Webサイトの設計をする手法は、組織や人によったりWebサイトの規模によったりと、様々な手法がありますが、僕が好んで使用する手法が2つあります。
それは、「サイトマップ」と「コンテンツマトリクス」です。
(ここで述べるサイトマップとは所謂「ハイレベルサイトマップ」「詳細サイトマップ」のことを指します)

今回は、その2つの中からWebサイト設計の細かな仕様書としても活用していくことになる「コンテンツマトリクス」について解説をし、具体的な作成方法をご紹介します。

コンテンツマトリクスとは

サイト設計の初期段階でサイトマップが出来上がると、次はいよいよ具体的な設計図を作っていくことになります。
どんなコンテンツを入れていくのか、テキスト素材の有無、公開優先度、CMSによる更新有無など、プロジェクトに携わるメンバーが把握しなければいけない情報は多岐にわたります。
これらの情報伝達は主にディレクターの領域となりますが、全ての情報伝達をプロジェクトメンバー一人ひとりに都度伝えていくのでは非効率です。伝達漏れも起きやすくなってしまいます。

そこで、Webサイト制作に必要となる判断材料を一つのマトリックス上に割り当て、全てのプロジェクトメンバーが滞りなく必要情報を確認できるようにするためのツールが、コンテンツマトリクスです。

コンテンツマトリクスを作る目的・メリット

コンテンツマトリクスを作る主な目的はプロジェクトメンバー間での情報共有です。

例えば、サイトリニューアルの際に、アクセスやSEO効果を維持するために出来るだけ元のURLを変更したくない場合、ページごとのファイル名称を予め指定しておけば、完成後に大量のリダイレクト設定をしなくても済みます。
他にも、コーポレートサイトを制作する際に、「会社沿革」を作るとして、それは定期的に更新する内容としてCMSで更新出来るようにするのか、それとも静的コンテンツとして制作するのか、資料に記載しておけば不要な確認工程を省くことができますね。

Webサイト制作で確認すべき事項は思っている以上に多いので、都度確認では効率が悪いですし、伝達漏れも発生してしまいがちです。
それらを防ぐのが、コンテンツマトリクスを作る目的であり、メリットとなります。

コンテンツマトリクスが必要となるサイト規模

制作するページ数が10ページ未満であれば必ずしもコンテンツマトリクスを用意する必要はありません。
10ページ未満の小規模サイトであれば、プロジェクト自体も小規模で関わる人数も少ないかと思うので、その場合は簡易な連絡手段でも良いと思います。
コンテンツマトリクスはたしかに意思疎通の上で効率的なツールではありますが、あくまでも意思疎通を補助するためのツールです。
作成には少なからず時間もかかるので、小規模サイト制作においてはかえってコンテンツマトリクスを用意しないほうが効率的な場面もあります。

そのため、本領を発揮してくるのは中規模サイト以上と言えるでしょう。

コンテンツマトリクスに入れる内容

ページ名と階層

コンテンツマトリクス「ページ名・階層・コンテンツ概要」
ページ名はタイトルタグに使われることが大半だと思うので、SEOにも関わってきます。
SEOキーワードのことも視野に入れつつ、ページ名を決めていきましょう。

また、多階層構造にしていく場合は第1階層・第2階層・第3階層と、階層構造がわかるように記載して、コンテンツグループ毎に色分けなどしておくと、視覚的に分かりやすいマトリクスになります。

コンテンツ概要

コンテンツマトリクス「ページ名・階層・コンテンツ概要」
各ページ毎に、どんなコンテンツを掲載していくのか、コンテンツごとに概要を記載していきます。
僕の場合はこの段階でSEOも意識して、見出し(hタグ)を決めてしまうことも多くあります。

更新有無

コンテンツマトリクス「更新箇所・権限情報・連携」
CMSを使っている場合は、どの部分が更新箇所であるのかを明確にするため、更新箇所情報についてもマトリクス上に記載していきます。
サイト内で複数のCMSを活用していて、更新が外部の連携ツールを使用する場合は、後述の外部連携欄にも記載をしましょう。

ファイル名称

コンテンツマトリクス「テキスト素材・ファイル名称・参考URL」
新規サイト制作の場合は、必ずしも指定しなくても良いですが、サイトリニューアルの際には、元のURL構造を維持した方が基本的にはSEO上有利です。
URL構造を変えてしまうとSEO効果が薄れてしまうので、SEO効果を維持するには通常リダイレクトを行いますが、リダイレクトの手間を考えると極力URL変更はしない方が得策です。
そのため、設計の段階でファイル名称を指定しておき、URLが変わらないようにしておきましょう。

リダイレクトの有無

コンテンツマトリクス「リダイレクト」
サイトリニューアル時、もしもファイル名称やディレクトリ構造に変更があって既存のURLと異なるURLになってしまう場合、SEO効果を維持するには.htaccessを使ったリダイレクト処理が必要です。
どのページにリダイレクトが必要になるのか、ひと目で分かるようにマトリクス上に記載を行いましょう。

テキスト素材の有無

コンテンツマトリクス「テキスト素材・ファイル名称・参考URL」
クライアントから提供を受けたテキスト素材がある場合は、その旨を記載しましょう。
テキスト素材がない場合は別途原稿作成が必要になるので、原稿開発が必要かどうか、原稿開発するのであれば内省か外注かも分かるようにしておくと良いでしょう。

外部連携の有無

コンテンツマトリクス「更新箇所・権限情報・連携」
APIを介したり複数のシステムがサイト内で混在する場合は、どのページで外部連携が行われるのかが分かるようにしておきましょう。

削除コンテンツ

サイトリニューアル時に削除するコンテンツ・ページがあるのであれば、該当箇所が分かるようにマトリクス状に記載を行いましょう。
特にページの削除の場合には、リダイレクトの設定も必要になる場合があるので、合わせて記載をします。
エクセル等の表計算ソフトで作る場合、同じシートに削除コンテンツを記載してしまうと紛らわしくなってしまうので、別シートに記載すると混乱しづらくなります。

優先度

制作するページ数が多い場合などでは、制作に優先度をつけていくとプロジェクト管理がしやすくなります。
早めに終わらせなくてはいけないもの、後に回せるものが明確になるよう、マトリクス状に記載を行いましょう。

権限情報

コンテンツマトリクス「更新箇所・権限情報・連携」
管理者権限・編集者権限など、ウェブサイトの運用に複数の権限を持たせる場合は、コンテンツ毎の権限情報をマトリクス上に明記しておくと、

参考資料

コンテンツマトリクス「テキスト素材・ファイル名称・参考URL」
デザインやコンテンツの参考となる資料などがあれば、URLやファイルパスなどを記載しておきましょう。

おわりに

SEOに強いサイトにしていくには、制作段階からSEOを意識した構造を設計していくことが重要です。
制作の段階で、どうしたらSEOに強い構造になるのか、SEO対策がスムーズに行えるかを意識するために、コンテンツマトリクスを有効に活用してみてください。

こちらの記事もおすすめです!

関連記事