今回はWebサイトを通じてWebマーケティングを行うにあたって、SEOに強いコンテンツの作り方を解説していきます。
新しくWeb担当を任された方、これからなる方はしっかりと把握した方が良いでしょう。

この記事を通じて、皆さんがSEOに強いコンテンツの作り方について、少しでも理解を深めていただければと思っております。

ぜひ、ご参考ください。

【新人Web担当向けの記事はこちら】

コンテンツを制するものはWebマーケティングを制す?

サイトを通じてWebマーケティングを行う時、反響に結びつけるには、ユーザーのニーズに合った良質なコンテンツをサイトに掲載することがとても重要になってきます。
サイトが上位に上がっていたとしても、そのサイトにユーザーが求めている情報が掲載されていなければ反響に繋がらないからです。

また、検索エンジンはユーザーのニーズに合ったコンテンツをサイト内に掲載しているかをランキングの評価に入れています。

その為、サイト内にユーザーの求めている情報が掲載されていなければ検索順位にも悪影響が及ぶ可能性があります。

このように、WebサイトでWebマーケティングをしていく上で、ユーザーのニーズに合った良質なコンテンツを掲載することは、とても大切なことです。

Googleのコンテンツ評価指標

SEOに強いコンテンツを作成するには、Googleのコンテンツ評価指標に沿ったコンテンツを意識する必要があります。
コンテンツ評価指標とは、検索エンジンがコンテンツを評価するときに用いられる評価指標のことです。

下記2つがコンテンツの品質の評価軸になります。

  • Page Quality評価(ページの品質)
  • Needs Met評価(ユーザーのニーズとの一致)

Google 品質評価ガイドライン(General Guidelines)より

Page Quality評価

Page Quality評価は、検索キーワードとの関連性ではなく、コンテンツの質がどれだけ保持されているかが評価対象です。

Needs Met評価

Needs Met評価は、ユーザーのニーズや知りたい情報を網羅的にコンテンツに掲載しているかが評価対象です。

コンテンツ作成で意識するべきポイント!

前節で紹介したGoogleのコンテンツ評価指標に沿ったコンテンツの作り方をご紹介します。
ご参考ください。

共起語を意識する

共起語とは、文章中に特定のキーワードが含まれる時、そのキーワードと共に利用されるキーワードのことを言います。

例えば、「野球」というキーワードであれば、「スポーツ」や「観戦」、「選手」などが一緒に使われる共起語というとになります。

これを意識するメリットは、対策しているキーワードとコンテンツの関連性があると検索エンジンに正しく認識させることができます。

キーワードとコンテンツの関連性が高いとSEOに効果的です。
なぜ、SEOに効果的なのかは、下記の記事をご参考ください。

また、共起語を意識して作成されたコンテンツは、ユーザーにとって非常に読みやすくなります。
ユーザーのニーズに沿ったキーワードでコンテンツが作成されている為、コンテンツの内容がイメージがしやすく、リズムよく文章を読むことができます。

このように、共起語を意識したコンテンツを作成することで、SEOの効果とユーザービリティの2つの効果が得られるかと思います。

共起語の抽出はツールを使うことをオススメします。
下記に挙げた無料ツールがオススメです

本文中に対策キーワードを入れる

コンテンツの中に、対策キーワードを入れることで、検索エンジンがそのキーワードと関連したコンテンツであると認識する可能性が高まります。

無理に対策キーワードを入れると、おかしな文章になるので、自然な文章になるよう作成すると良いでしょう。

また、同じキーワードをサイト内に入れすぎると、スパムと判定される可能性があるので注意が必要です。
SEOスパムに関する記事は下記をご参考ください。

文字スタイルにルールを設ける

ユーザーに向けて大切な部分を主張したい時、太字や文字色を変更することがあるかもしれません。

また、ここで注意すべき点は、文字の色や書体にルールがなく、たくさんの文字修飾を多用することです。
これでは、ユーザーが文章のどの部分が重要なのか理解できず、混乱してしまいます。

その為、下記のように文字色にルールを決めて掲載しましょう。

文字色 ルール
緑色 メリット・安心・解決策
青色 許可・正常
赤色 禁止・警告
黄色 注意・危険

コンテンツエリアを整える

サイトのコンテンツ内で一番多く掲載されるのは、当然ですがテキストになります。
その為、テキストを見やすいようにコンテンツエリアを整えることは必要なことです。

どれだけ、見やすいコンテンツを掲載するかで、ユーザーの興味度合いが変わってきます。
下記では、コンテンツエリアを整える方法について紹介していきます。

文字サイズ

文字サイズ

文字を適切なサイズにすることで、文章が読みやすくなります。
文字サイズが大きすぎるとコンテンツの内容が理解しにくくなり、小さすぎると文章を読むのに目が疲れてしまいます。

また、ユーザーが40代以上の場合、遠視への配慮が必要になります。
通常、フォントサイズは、16px~20pxで設定をします。

その為、適切な文字サイズでコンテンツに掲載した方が良いです。
上記画像のように、文字サイズを比較検討しながら設定すると良いかもしません。

行間

行間

文章と文章の間のことを行間と言います。
行間は狭すぎると行と行の間の境目がわからなくなり、文章を読む時に疲れてしまいます。
逆に、行の間が広すぎると目線の移動距離が多くなり文章を読む時に大変になります。

行間は、CSSの「line-height」プロパティを使い、行の高さを調節します。
「line-height」プロパティの値としては、「1.5~1.75」の間で設定すると読みやすい文章になるかと思います。

余白

余白

余白とは、オブジェクトとオブジェクトの間のことを指します。
オブジェクトとは、操作する対象のデータのことを言います。
上記画像の場合、「画像」と「テキスト」がオブジェクトになります。

コンテンツの間や画像とテキストの間など役割が違うもの同士は適切な距離をあけることで、読みやすいコンテンツになります。
上記、コンテンツ内に余白がある文章、ない文章を掲載しました。
余白が適度にあるコンテンツの方が見やすいかと思います。

コンテンツ作成後に気をつけたいポイント!

コンテンツ作成が完了した後、次に不備がないかをチェックする必要があります。
この時、コンテンツの「どこ」を「どのように」チェックすればよいかを理解していなければ、いくらチェックしたところで、間違いが間違いであると理解することさえできません。
これでは、間違いのある状態で、サイトを公開することになってしまいます。

その為、下記にコンテンツ作成後に見落としがちなチェック箇所をまとめました。
ご参考ください。

表記揺れを統一

表記揺れとは、1つの言葉に複数の表記があることを指します。
下記が表記揺れの具体例です。

  • 漢字
    例:「犬」「イヌ」「いぬ」
  • 送り仮名の有無
    例:「引っ越し」「引越し」「引っ越」「引越」
  • ブランド名などの固有名詞の通称・略称・カタカタ表記
    例:「STARBUCKS」と「スターバックス」、「Apple」と「アップル」
  • 外来語の由来等
    例:「ヴェニス」と「ヴェネツィア」
  • 読みに由来するカタカナ
    例:「ヴェネツィア」と「ベネチア」、「サーバ」と「サーバー」
  • 省略文字
    例:「インスタ」と「インスタグラム」
  • 異体字や代用漢字
    例:「高」と「髙」

このように、コンテンツ内に表記揺れが多数ある場合、ユーザーが文章の意味を理解することができないことがあります。
コンテンツを作成する時には、表記揺れがないように注意しましょう。

表記揺れのチェックには下記のツールでチェックすることをオススメします。
目視でのチェックでは、どうしても抜けや漏れが発生する為に限界があります。
専用のツールを利用して間違いがないようにしましょう。

誤字脱字の修正

表記揺れと同じように、コンテンツ作成後にチェックしなければいけないのが、誤字脱字です。
誤字脱字はユーザーに不快感を与えるだけでなく、検索エンジンにも読みづらいものとして捉えられてしまいます。

これらを回避するためにも、誤字脱字のチェックは入念に行い、修正をしたほうが良いでしょう。
誤字脱字のチェックは目視で行うのも1つの方法ですが、下記のツールを利用するのもオススメです。

文体のトーンやマナーを最適化

文体の「トーン」や「マナー」とは、文章やデザインなどの表現の一貫性のことを指します。
トーンは英語で「調子」という意味、マナーは「やり方」「様式」を意味する言葉です。
つまり、トーンやマナーの最適化は、運営するサイトにあわせて文章の表現やデザインを統一することです。

例えば、「建設業」などは「誠実」「堅実」といった印象のコンテンツを、「サービス業」は「親近感」「明るい」印象のコンテンツを作成するなど、業種にあったコンテンツを作成することでユーザーにとって読みやすいコンテンツを作成することができます。

このように、文体の「トーン」や「マナー」を最適化することによってユーザーが受け取る印象は大きく変わってきます。
業種別に求められる「トーン」や「マナー」をユーザーの属性に合わせてコンテンツを作成した方が良いかと思います。

法律に違反している表現を使っていないか

Webサイトを運営する中で、何気なく掲載していた表現が、実は法律に違反していたというケースがあります。
それに気づかすにサイトに掲載したままにすると、法律違反になり裁判になるリスクがあります。

その為、法律に違反する表現をしっかりと理解しておく必要があります。
下記の記事に詳細な法律が説明されています。
ご参考ください。

まとめ

このように、サイトを通じてWebマーケティングを行う時は、ユーザー目線に立って「見やすく」、「知りたい」コンテンツをサイトに掲載することが大切です。

また、他社サイトの良い点、悪い点を自身で分析して、コンテンツ作成に活かすのも良いかもしれません。
今回、ご紹介した方法で皆さんのコンテンツ作成のお役に立てれば幸いです。

【新人Web担当向けの記事はこちら】

関連記事