新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、事業縮小を余儀なくされたビジネスも多いと思われます。
コロナ収束の先行きが見えない中では、3密を避けた新しい生活様式に則った日常下で事業を継続しなければなりません。
そこで、こんな時だからこそ改めて考えたい、Webサイトへ力をいれるべき理由について説明します。

コロナで打撃を受ける業界

今回のコロナ感染拡大を受けて、一番大きく打撃を受けたのは飲食と観光宿泊業、エンターテインメント業界と言われています。人々が集まる特性を避けられないこれらの業界は、感染リスクを減らすため不要不急の外出の筆頭として控えるように呼びかけられました。

またその一方で、消費者のEC利用は増加し、テレワークや会議、商談などのオンライン化も急速に進みました。映像配信に切り替えたイベントや、厚生省が特例的に規制を緩和したことで一部オンライン診断が可能な医療機関も増え、ヴァーチャル空間へのシフトが起こり始めています。
これらはコロナの影響で強制的に移行せざるを得ない部分もあり、IT化が進まないと言われていた日本社会において、良くも悪くも大きな過渡期を迎えることになりました。

さて、このような状況下でまず手軽にオンラインに接点を持つことができるWebサイトの運用をおすすめします。もっと気楽なものだと、SNSの方が身近で使いやすいかもしれませんが、長期的な視点で考えるとWebサイトを運用するメリットは大きいです。

Webサイトのメリット

地道な更新や運用が資産となる

Webサイトを運用していくと、そこに企業や事業の情報が蓄積されていきます。
SNSのような場だと流れてしまう過去の実績やお知らせといった情報も、まとめてストックしておくことが可能です。
またキーワード検索からユーザーの流入を狙う場合にも、長年運用されているドメインはSEOに強いため上位に表示される確率が上がります。

発信力がつく

Webサイトの運用は、発信がなければ始まりません。
地道に発信をしながら、ユーザーの反応をデータから読み解き、改善を繰り返すことが基本です。
そのために、まずはターゲットを明確にしなければいけません。

自社のビジネスの顧客はどんな相手であるか、リアルなペルソナを描くことで、ユーザー目線でニーズを深堀することができます。
そこまで分析することができたら、あとはターゲットに向けた問題解決や有益な情報を考えることで、自ずと発信力は磨かれていくでしょう。

ブランディングの一環として活用できる

今はあらゆるサービスでプラットフォームの利用が進んでいます。
例えば通販サイトであれば、楽天ショップやBASEを始め、飲食店はHOT PEPPERや食べログなど、各サービスに特化したプラットフォームは今やなくてはならない存在です。消費者からすれば、そのサイトの中でフォーマットに沿った情報を比較しながらサービスを選択することができて便利になりました。

その一方で、提示する情報が画一的になりがちで、提供するサービスや商品自体に差別化が少ないと、数多の競合の中から選んでもらう理由が薄くなりがちです。
Webサイトを持つと、デザインやその他の情報発信を通して世界観やこだわりをユーザーに伝わりやすくできる自由度の高さがあります。
そしてプラットフォームを通さないことで、マージンが発生しないのも大きなポイントです。

広告・宣伝費がかからない

広告・宣伝費の制約が厳しい小規模ビジネスにとって、SEOを意識し適切に運用されたWebサイトは費用をかけることなく集客を期待することができます。

SEO対策も検索エンジンのアルゴリズムの変更によって、アップデートしていきますが、一度安定して上位表示されるようになれば、よほどのことがない限り維持できる傾向があります。
広告は出稿している限りランニングコストがかかるため、一度しっかりと自社のWebサイトと向き合ってSEOに最適化したサイトに改善することをおすすめします。

営業・接客コストの削減

Webサイトはあなたのビジネスのインターネット上の店舗だと考えてもよいと思います。
対面での接触が忌避される今、インターネット上でサービスを訴求することができれば、今までの営業や接客のコストが削減されます。

それだけではなく、少ない費用で24時間、誰に対しても同じクオリティで情報提供できるのが強みです。
その分、顧客となるユーザーはどんな情報を知りたいのか?それを先回りして、適切に情報を提供する必要があります。

知りたい情報がなかった場合、わざわざお問い合わせをする手間をかける前にユーザーは離脱するからです。
したがって離脱率が高いページや熟読率などが計測できるツールを使って、ユーザーの行動を分析し、最適化することで集客効率を上げることが可能になります。

今こそWebサイトに力を入れる理由

時間があるから

コロナで不遇な状況となった事業者にとっては、通常時よりも時間に余裕があると思います。
この現状は、上手く活用することでWebサイトの運用のデメリットを乗り越える絶好の機会となります。

Webサイト運用のデメリット

  • 効果が出るまでに時間がかかる
  • 運用に人的コストがかかる
  • 何から手をつけるべきなのか分からない

効果が出るまでに時間がかかる

Webサイトは制作して終わりではなく、そこからがスタート地点です。
日々新たな情報をキャッチして、ユーザーに発信しなければならず、インターネットを通して顧客との関係性をどう築いていくかを常に考えて更新を繰り返す必要があります。

検索順位もいきなり上がることは少なく、有益なコンテンツを蓄積しながら色々な施策を試すことで、SEOや集客の効果計測が可能となります。
したがって、事業縮小で自社のビジネスを考え直す時期である今こそ、本格的な運用に乗り出す好機と捉えることができます。

運用に人的コストがかかる

普段は事業が忙しく、Webサイトの運用まで手が回らないという声もよく聞きます。
もちろんWebサイトがあることでメリットもありますが、やはり業種や顧客となるターゲットによっては特に必要なくても事業が回っている事実もあるでしょう。
運用には人的コストもかかってくるので、その必要性を感じられないと手つかずの状態で更新が止まったままになりがちです。

しかし、そのような業種こそチャンスです。
同じような競合もWebサイトの運用に積極的ではない場合に、しっかりとした運用で自社のブランドイメージを向上することができれば、インターネット上での集客で一人勝ちできる可能性があります。
メイン集客がオンラインではない業界こそ、今のうちからWebサイト運用の知識とスキルを身に着けて自社のブランディングをしてゆくべきです。

何から手を付けてよいか分からない

とりあえず更新する

とはいえ、今まで更新をしていなかったWebサイトのどこから手をつけるべきか分からない人も多いでしょう。
そのような場合には、まずはお客様へのお知らせや、過去の実績を充実させましょう。ユーザーにとっても、Webサイトを評価するGoogleにとっても、定期的に更新されている事実が大事です。
人がいないお店にお客様は訪れないのと一緒で、有益な情報やコンテンツがないWebサイトにユーザーはやってきません。

今であれば、コロナ対策の実施のご案内はマストです。事業縮小するなかでも、独自で営業努力をする様子や、新しいキャンペーン情報をお知らせするのもよいでしょう。

今回のコロナのような不慮な事態の渦中では、営業方法の変更や検温、マスク着用の有無など、各所で今までとは異なる営業を強いられることもあると思います。
そんなときに企業として、店舗の責任者として、どのような方針で営業活動をするのかが問われます。
その姿勢こそが、企業やお店のブランドイメージにも繋がります。

商圏の再検討

店舗集客などのローカルビジネスに関しては、どのエリアでビジネスを展開するのかを改めて定義することが重要となります。
SEO対策をする上でも、地名、駅名などの指定は必須となるからです。

顧客となる人口や競合を調査し、地域選択をするエリアマーケティングの手法を取り入れることが有効となります。
同じ地域内でも「大阪市中央区」「難波」「道頓堀」など複数の選択肢がある場合に、どの地域ワードが一番最適なのか考える必要があります。

弊社では、このようなエリアマーケティングを踏まえた地域キーワードの相談も受け付けております。
SEOコンサルティングサービス

市場のオンライン化

今回のコロナ禍の中で、巣ごもりでネットサーフィンの使用時間の増加や、消費者のEC利用頻度も増加しています。
そうした状況で対面営業が厳しくなった事業では、ECの活用を検討した方もいると思います。

オンライン市場で重要な視点

今までは限られた商圏の中でビジネスしていた場合、ECに乗り出すことで顧客の幅が広がるのは事実です。
しかし現実には、ライバルとなる競合も一気に増えるため、ローカルビジネス以上に戦略的に広告手法やブランディングについて考える必要があります。

オンライン上には選択肢がたくさんあり、その商品を選ぶ理由がなければ売れません。
手軽に他社と比べられる分、ユーザーはよりシビアに判断し、価格競争に陥りがちです。
そこで、価格以外に打ち出せる価値は何であるか?その価値は独りよがりではなく、本当に顧客に響くものであるか、客観的に考えなければなりません。

参考ページ:コロナ後のEコマース市場はどのように変わっていくのか

まとめ

コロナ危機で対面での接触が自粛された中では、オフライン上での顧客接点の強化はより重要な課題となっています。
今後はオンラインでの顧客とのコミュニケーションを図るスキルが、ビジネスの格差を生む時代になっていくことも十分に考えられます。
なので今までWebを活用できてない事業においては、まずは自社のWebサイト運用から始めてみてはいかがでしょうか。

そこで発信した有益なコンテンツは資産となり、収集したデータからユーザーの行動、ニーズ、インサイトを分析し、改善するといったWebマーケティングに求められるスキルも自ずと身につけることができるでしょう。

関連記事