昨今、日々の生活の中で「SNS動画」「YouTube動画」「サイネージ動画」などを見る機会が増え、誰もが動画を簡単にシェアしたり、見ることができる時代になりました。

その為、動画視聴の需要が高まると伴い、ビジネスパーソンの間にもYouTubeなどに動画投稿をする需要が高まっているのではないでしょうか。

そこで今回は、YouTubeの動画を編集する無料ソフトを6選をご紹介していきます。
動画の「編集・作成」をする時に、どの動画編集ソフトを選んで良いのか迷っている方は、ぜひご参考ください。

動画ソフトではなく、編集について詳細に知りたい方は下記の記事をご参考ください。

Avidemux

Avidemux

対応OS Windows/mac OS/Linux
有料版 なし
ダウンロードURL http://avidemux.sourceforge.net/

Avidemuxは、無料で動画のカット編集が行うことができ、ぼかしやシャープやノイズ除去など70種類以上の「フィルタ」「エフェクト」「フィルタリング」の処理が可能な動画編集ソフトです。

「mp4」「flv」「mkv」「avi」「mpeg」など様々な形式の動画を編集することができ、対応しているOSも「Windows」「mac OS」「Linux」などで利用ができます。

もしも、ご利用するにあたって疑問点などがあった場合は、利用者向けの日本語フォーラムがあるので安心して質問できます。

このように、これから動画編集をやってみたいとお考えの方にとっては、使い方も簡単で様々な動画ファイルやOSに対応しているのでおすすめです。

Avid Media Composer

Avid Media Compose

対応OS Windows/mac OS
有料版 あり
ダウンロードURL https://www.avid.com/media-composer

Avid Media Composerは、「無料版」「有料版」があります。
無料版には制限がありますが、編集機能が充実しているので充分事足りるかと思います。

また、このソフトは「映画」などの編集に使われているほど高機能なツールになるので、数々の名作と呼ばれる映画がこのソフトで作成されています。
実際に作成された映画としては「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」「ラ・ラ・ランド」「ボヘミアン・ラプソディ」などのハリウッド映画があります。

ただ、動画の「切り取り」などの操作は簡単に行えますが、「エフェクト」を動画に付けるなどの編集に関しては複雑な操作が必要になってきます。
このように、今すぐに簡単な動画を編集をしたいという方には、この動画ソフトをおすすめできません。

これから動画編集をお仕事にしていきたい方向けの動画編集ソフトになります。
その為、初心者ではあるが、無料の動画ソフトで「映画」「YouTube」などのクオリティが高い動画を作成したい方にはおすすめのソフトになります。

AviUtl

AviUtl

対応OS Windows
有料版 なし
ダウンロードURL http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

AviUtlは、動画の「切り出し」「テキストの入力」「フィルターの適用」などの機能が充実しています。
特に、ソフトの動作が軽いので、編集をサクサク便利に使うことができるかと思います。

ただ、気をつけなければいけないのが、ソフトを入れてすぐの初期の状態では「AVI形式」の動画の読み込みや基本的な編集しかできません。
プラグインを導入しなければ、自身がしたい動画編集ができません。

その為、自身がしたい動画編集に合わせ、プラグインを導入してカスタマイズする必要があります。
プラグインは、インターネット上で無料で手に入れることができるので、気軽に導入できるかと思います。
自分好みの「プラグイン」を導入することで、思い通りの動画編集が無料でできます。

このように、AviUtlは「拡張性が高く」「動作が軽い」編集ソフトになります。
無料で自分好みの動画編集をしたい方には、おすすめの動画編集ソフトになります。

DaVinci Resolve

DaVinci-Resolve

対応OS Windows/mac OS/Linux
有料版 あり
ダウンロードURL https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/

DaVinci Resolveには、「DaVinci Resolve(無料版)」「DaVinci Resolve Studio(有料版)」の2つのプランがあります。

DaVinci Resolve(無料版)は、DaVinci Resolve Studio(有料版)よりも使える機能に制限がありますが、無料版でも機能が充実しているので、クオリティが高い動画を作成することができるかと思います。

ただ、はじめて動画編集をするという方にとっては、操作方法が複雑で難しいと思うので、直観的に操作をしたいという方には、おすすめしません。

今から動画のお仕事をはじめたいが、「Adobe Premiere Pro」などのサブスクリプションモデルの動画編集ソフトでお金をかけたくないという方にはおすすめのソフトになります。

もしも、DaVinci Resolveで動画編集をはじめたいとお考えの方は、下記の本がおすすめです。
ソフトの操作方法が分かりやすく説明されているので、とても参考になるかと思います。

DAVINCI RESOLVE デジタル映像編集 パーフェクトマニュアル
created by Rinker

iMovie

iMovie

対応OS macOS
有料版 なし
ダウンロードURL https://apps.apple.com/jp/app/imovie/id408981434?ls=1&mt=12&v0=www-jp-mac-imovie-app-imovie

iMovieは、アップル社が提供するの動画編集ソフトで、「iMac」「Macbook」「iPhone」「iPod」などのアップル社が提供している製品で使うことができます。

機能としては、「写真や動画の連結」「テキストの入力」「フィルタ」「動画の書き出し」などの簡単な動画編集をすることが可能です。

また、操作は直観的にできる上に、PCやスマートフォン、タブレットでも動画の編集ができるので、動画編集をやろうか躊躇している方にとってはハードルが高くない動画編集ソフトになります。
アップル社の製品をお持ちで、今から動画編集をやりたいと思っている方は、気軽にはじめてはいかがでしょうか。

Microsoft フォト

Microsoft-フォト

対応OS Windows
有料版 なし
ダウンロードURL https://www.microsoft.com//ja-jp/p/microsoft-フォト/9wzdncrfjbh4?activetab=pivot:overviewtab

Microsoft フォトは、Windows10に標準搭載されている動画編集ソフトになります。
ソフトの機能としては、「動画の切り出し」「テキストの入力」「音楽の追加」「動画の書き出し」などがあります。

操作としては、とても直観的に動画の編集ができます。
はじめて、このソフトを使う方でも、このツールを使っているうちに操作方法を覚えられるかと思います。

しかし、動画のお仕事でクオリティーの高い動画を作成したいという方には、おすすめできません。
簡単な編集ができる分、機能が制限されているのでオリジナリティーのある動画を作成することができないからです。

例えば、テロップを動画に追加する時に、決まったデザインのテロップしかないので、自由度のある編集をすることができません。
このように、動画編集に制限がある為、あくまで簡単な動画編集をする時だけに使用用途を絞った方が良いかもしれません。

もしも、動画編集にこだわりたい方は、上述で説明した「Avid Media Composer」「DaVinci Resolve」を試してはいかがでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか?
無料の動画ソフトだけでも、とてもたくさんの種類があります。
初心者の方で動画編集をはじめたい方は、コストがかからない無料の動画編集ソフトを利用したほうがハードルが低くておすすめだと思います。
ぜひ、ご利用してはいかがでしょうか。

動画編集について詳細に知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

関連記事