Column SEOコラム

コンテンツに必要な文字数は?

コンテンツに必要な文字数は?

よく、「コンテンツに必要な、適切な文字数は何文字ですか?」というような内容の質問を受けます。
外部対策に頼ったSEO対策の時代が終わり、「コンテンツSEO」と叫ばれる昨今、当然湧き起ってくる疑問なのでしょうか。

率直に言えば、「適切な文字数などない」というのが回答になります。
Googleの社員であるSusam Moskwa(スーザン・モスクワ)氏やJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏もその様に発言をしています。

重要なのは文字数ではない

検索エンジンは、コンテンツの質という点を評価対象にしています。
今後もその傾向は続いていくでしょう。
しかし、コンテンツの質とは、決して文字数とイコールではないということです。

最近のウェブデザインの傾向として、アップルやGoogleなど大手企業がこぞって導入している「フラットデザイン」と呼ばれるデザイン手法があります。
ミニマリズムの流れを受け、構成する要素を、本当に必要なものだけに削ぎ落とし、シンプルな構成になっているのが特徴です。そのため、フラットデザインのサイトは文字数が非常に少ない傾向にあります。
しかしこのような文字数が極端に少ないサイトであっても、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供できているのであれば、検索エンジンからの評価は得られるのです。

評価されるのは「良いサイト」

ただし、「文字数が少なくてもいい」というわけでは決してありません。
例えば、「ホームページを更新しました」という一言だけの新着情報では、やはり評価を得ることはできません。
文字数が関係ないからと言って、数文字程度のコンテンツで、有益なコンテンツを提供できるケースというのは現実的には稀なのです。
何かについてしっかりと述べれば、ある程度の文字数になるはずです。
しかしダラダラと長いだけの文章は読みたいと思わないはずです。

難しいようですが、要は「良いサイト」が評価されるのです。
文字数が多いとか少ないといったことは、問題ではないのです。
そう考えると、とてもシンプルに考えていけるのではないでしょうか。

L.Searchなら、専門的知識が無くても検索エンジン最適化が可能です

製品情報
製品情報
あなたのWebサイトを、とっても優秀な営業マンに変えましょう。
L.SearchはSEO対策に必要な、様々な機能を備えた製品です。
あなたと顧客を結ぶ架け橋に、L.Searchをご利用下さい。
SEOコラム
SEOコラム
L.Searchの機能をより効果的に、最大限に引き出すためのSEOコラムをEnazeal/エナジールのSEOスタッフが掲載しています。
対策キーワードの選び方や、ホームページでより収益を集めていくための様々なノウハウを、Enazeal/エナジールスタッフがお教えします。
よくあるご質問
よくあるご質問
パソコンさえあれば、誰でもカンタンにお使い頂けるL.Search。
ここでは、L.SearchについてEnazeal/エナジール株式会社によく頂いているお問い合わせをご紹介致します。
わからないことは、Enazeal/エナジールへお問い合わせの前に、まずはこちらをご確認下さい。
  • 反社会的勢力排除宣言と対応基本方針

ページの先頭へ